離婚問題も交通事故の慰謝料も弁護士にお任せ|法絡みSOS

サラリーマン

離婚の専門家に依頼

man

近頃では離婚問題がどんどん増えてきていることから、離婚問題に特化している弁護士が活躍しているのが見られています。離婚問題がスムーズに解決しない場合は弁護士に依頼をすることがベストです。

Read More

慰謝料の請求

man

交通事故の被害に遭った場合には慰謝料を取ることが出来ます。ですが加害者と被害者同士だけでのやりとりではトラブルが起きることもありますので、保険会社を交えることが必要です。

Read More

離婚も弁護士に

man

スムーズにいかない場合だけでなく、不倫や浮気などでパートナーに裏切られたのであれば慰謝料や子供がいれば養育費の請求ができますのでこれも弁護士に相談します。そうすることでしっかりと解決ができます。

Read More

相場とメリット

離婚の仕方によって費用も違ってきます

男性

離婚をする場合の弁護士費用は、どのくらいの相場が一般的なのでしょうか。通常は協議離婚や調停離婚で20万円から50万円、離婚訴訟で60万円以上といわれます。もちろんこれは、どのような状況下によってもいくらか異なって来ます。たとえば訴訟が長引きそうな場合には、費用がその分高くもなりますし、また、弁護士によっても違って来ます。最近では、依頼人の経済状況に合わせて、予算別の離婚プランを設けている弁護士事務所もあります。また、法テラスの無料相談を利用した場合、収入額によっては費用を一時的に立て替えてもらえることもあります。この制度を民事法律扶助と呼びます。この立て替えはあくまでも一時的なものですので、後で分割返済することになります。

弁護士をつけておくメリットとはそのような点でしょうか

元々協議離婚や調停の場合は、基本的に弁護士は不要です。本来この手の方法では、話し合いによって決める、あるいは、調停によって決めるのが原則ですので、訴訟のための代理業務とはまた違うわけで、そのため費用がいくらか安くなっています。また弁護士をつけることによって、依頼人に有利にことを勧めてくれることもあります。ですから、どうしても離婚したいからアドバイスがほしい、夫の暴力がひどいとか、夫婦が既に別居してしまって、話し合いなどが出来にくい場合は依頼するという方法を採るといいでしょう。調停の場合も同様で、どうすれば調停の段階をうまく進められるかといったアドバイスをくれることがありますし、書類作成を引き受けてくれもしますので、依頼することによるメリットは大きいといえます。