離婚問題も交通事故の慰謝料も弁護士にお任せ|法絡みSOS

オフィスレディ

慰謝料の請求

保険会社に対して多額の慰謝料を請求する

man

交通事故の慰謝料を請求するときには、法律的な知識の希薄さから多くの人が勘違いをすることがあります。それは、交通事故の加害者と慰謝料請求の対象は一致しないということです。自動車に関しては、昔から多額の慰謝料請求がされていた背景もあって法律的に保険に加入しなくてはいけない責務が存在します。このための保険を自賠責保険と言います。自賠責保険はあくまでも法律が定めた趣旨に従って加入するものであるため、これに加えて民間の保険会社に加入することが一般的です。そして、歴史的に見ても民間の保険会社に対して慰謝料請求をすることが一般的なのです。特に、後遺障害を抱えているときには非常に高額な慰謝料請求をすることが可能であるためこのことを知っておきましょう。

民間の保険会社の言い分は無視して良い

民間の保険会社に対して慰謝料請求をするときには、示談交渉によってお互いの言い分を意見し合うことが普通です。この場合、民間の保険会社側から適切な相場として金額が提示されることになりますが、基本的にこの金額は無視して構いません。なぜかというと、交通事故に関する後遺障害の正しい相場など存在しないからです。交通事故に関連する後遺障害では、慰謝料の金額はものすごく跳ね上がります。後遺障害というのは、後の生活に支障が出るレベルで障害を負ってしまうことであるため普通の怪我とは異なるのです。慰謝料金額の相場も法律的には存在しないため、相場はその時々のケースによって変化すると言っても過言ではありません。そのため、自身の交通事故のケースがどのようなものなのかをきちんと把握することが大事なのです。